ハワイアンジュエリー 梨花

ハワイアンジュエリーの歴史

ここでは、ハワイアンジュエリーの歴史 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホヌとキルトバングル【10mm ゴールド色】


起源は17世紀イギリス - ヴィクトリア女王の夫であったアルバート王子の死を背景に、皇室では派手やかな貴金属・装飾品は禁止となり、黒いジュエリーの着用しか許されませんでした。

 当時イギリスと親密な関係にあったハワイでは、リリウ・カマカエハ大酋長(のちのリリウオカラニ女王)も喪に服すため、金のブレスレットに【ホオマナオ’マウ】(永遠なる思い)と彫り黒いグラスエナメルが入れられました。

また、リリウオカラニ女王は、自作曲である【アロハ’オエ】(あなたに愛を)と彫り込まれたブレスレットを女学校の校長であったイギリス人恩師・ゾーイ’アトキンソン氏に感謝の気持ちを込め贈りました。

 その後、ハワイでは女王が始めて『ハワイアン・ブレスレット』を贈った事を起に、このジュエリーが広まり、アロハスピリットを永遠の思い出に残せるジュエリーとして各家々で代々受け継がれるような存在になっていきました。

ハワイアンジュエリーの正式名は「ハワイアン・エアルーム・ジュエリー」=代々伝わる家宝と呼ばれています。
スポンサーサイト

まとめ / Template by おすすめ無料ブログ(blog)比較
女性向きランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。